ブルーライトメガネの選び方

長時間のパソコン作業ではカット率の高いものを選ぶ

目の疲れを軽減したいという目的でブルーライトカットのメガネを探している人もいるのではないでしょうか。しかし、ブルーライトカットという種類に分類されていても、全ての商品が自分に合うわけではありません。ブルーライトカットを選ぶときには、自分の使用用途に合ったものを選ぶのが重要です。例えば長時間のパソコン作業が多い人はカット率の高い商品を優先的に選ぶのが大切だと言えます。具体的な話で言えば、40%以上のブルーライトカットが期待できる商品を探すのが良いでしょう。暗い場所でパソコンやスマートフォン、タブレット端末などを使うことが多い人は、さらにカット率の高い商品を選ぶのが効果的です。暗い場所での使用が目的である場合は、60%以上のブルーライトカットメガネを選びましょう。

明るい場所ではカット率の低いものを選ぼう

カット率の高い商品は暗い場所での使用を想定して作られているケースが多いです。そのため明るい場所でカット率の高いメガネを着用していると、暗すぎてパソコンやスマートフォンの画面が見えにくい可能性が考えられます。明るい場所でブルーライトカットのメガネを着用する場合は、カット率の低い商品を選ぶのが良いと言えます。例えば25%程度のブルーライトカットメガネを選んでおくと、明るい場所でも作業を行いやすいでしょう。日常的にコンタクトを使っている場合であれば、度なしのブルーライトカットメガネがおすすめです。度ありのものを選んでしまうと、使うときにコンタクトを外す手間が必要になるので注意が必要だと言えます。外出時にも着用するのであれば、紫外線カットもついている商品が良いでしょう。