視力矯正用のメガネ

メガネと聞くと、視力矯正のためのメガネを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。メガネなしではぼんやりとしか見えないという人にとっては、メガネは相棒とも呼べる近しい存在です。視力矯正用のメガネの種類と特徴をご説明します。

近視の人向けのメガネ

せっかく好きなフレームを選んだのに出来上がった時にフレームよりレンズが飛び出ていたり、目が小さく見えたりすると、がっかりしてしまいます。遠くが見えにくい近視は、光を拡散させる凹レンズを視力矯正をす…

遠視の人向けのメガネ

眼鏡を作る時やはり悩むのがレンズだと思います。昔のイメージでは、視力が悪ければ悪いほど牛乳瓶の底の様なレンズを思い浮かべますが、今はいろんな種類のレンズがあります。レンズは大きく分けて単焦点(遠視…

乱視の人向けのメガネ

視力矯正のために、コンタクトレンズやメガネを使う人は多く存在しますが、良く見えない理由には屈折異常があげられます。乱視の症状を持つ人もいますが、これは目に入る光の焦点が複数できてしまう状態です。角…

目を保護する機能を持つメガネ

メガネには、視力矯正のためのメガネ以外に、紫外線やブルーライトから目を守ってくれる機能を持つメガネもあります。シーンに合わせて、適切に目を保護するメガネを取り入れることで、目の健康を維持することができるので、ぜひ参考にして下さいね。

サングラスの選び方

顔の形によって、似合いやすいサングラスの形は異なります。まずは自分の顔の形を確認してから選んでみてくださいね。たとえば、丸顔の場合は顔の印象が柔らかいので、シャープな形が似合います。具体的には、ス…

ブルーライトメガネの選び方

目の疲れを軽減したいという目的でブルーライトカットのメガネを探している人もいるのではないでしょうか。しかし、ブルーライトカットという種類に分類されていても、全ての商品が自分に合うわけではありません…

花粉対策メガネの選び方

メガネの形状で選んでみよう

花粉対策のメガネを探しているのであれば、形状に注目して選んでみるのが良いと言えます。花粉のブロック率が高いメガネを探しているのであれば、フード付きタイプの花粉対策メガネを選ぶのが効果的です。フード付きタイプの花粉対策メガネであれば、肌とメガネの隙間をなくすことが可能になります。上下や横からの花粉の侵入を防いでくれるので、花粉が目に入ってくる可能性が低いでしょう。ブロック率よりもファッション性を重視したいのであれば、スポーティータイプの花粉対策メガネがおすすめです。スポーティータイプは広い範囲の花粉ブロックに強いですが、花粉が侵入する可能性もあるでしょう。ブロック率の高さよりもファッション性を重視したメガネなので、花粉を防ぎながらオシャレも楽しみたいという人に適しています。

くもり止め加工の商品を選ぶのも1つの方法

花粉対策メガネの場合はくもり止め加工が行われている商品もあります。花粉をブロックすることを優先した形状になっているのでメガネがくもりやすく、使いにくさを感じていた人もいるかもしれません。そのような人はメガネレンズにくもり止め加工が施されているものを選べば、くもりにくくなるのでストレスが軽減されるでしょう。くもり止め加工が施されていれば、マスクと花粉対策メガネを併用することも可能です。視力が悪い人は度付きの花粉対策メガネを選ぶのが良いでしょう。度付きのものを選んでおけば、コンタクトを着用しなくてもいいという利点もあります。しかし、度付きの花粉対策メガネはくもり止め加工ができないので注意が必要だと言えます。