乱視の人向けのメガネ

乱視はどんな症状なのか

視力矯正のために、コンタクトレンズやメガネを使う人は多く存在しますが、良く見えない理由には屈折異常があげられます。乱視の症状を持つ人もいますが、これは目に入る光の焦点が複数できてしまう状態です。角膜や水晶体がラグビーボールのような形に歪んでいるのでピントが一か所で合わなくなってしまいます。そのために、ぼやけて見える、二重に見えるなどの症状が出てきます。乱視は近視や遠視と組み合わさっていることが多く、見えづらく目が疲れやすくなってしまいます。乱視にも種類があり、角膜や水晶体が楕円形になっている状態を正乱視と呼び、デコボコになっているものを不正乱視と呼びます。不正乱視は目の病気やケガで起こることが多くなっています。

視力を矯正するためのレンズを選ぼう

近視用のレンズは凹レンズ、遠視用のレンズは凸レンズを使い、焦点を合わせていくことになります。では、乱視ではどのようなレンズを使うのかということになりますが、おもに円柱レンズを使います。円柱レンズは特定の方向の光だけを屈折させる働きがあり乱視の方向に合わせて使用することで焦点を合わせます。乱視は遠視や近視と合わさっていることが多くなっていますが、状態によっても選ぶレンズは変わってきます。遠視が入っている場合は凸円柱レンズを使い、近視が入っている場合は凹円柱レンズが選ばれます。乱視用レンズのメガネを使うと、かなり見えやすくなりますが距離感がつかみにくくなる傾向もあります。目が疲れにくくなるので、肩こりや頭痛などの不快な症状が改善できのるは大きなメリットです。

めがねのフレームのデザイン次第で、見た目の印象をシャープにもソフトにも変えることができます。自分の輪郭や普段着る服に合わせて選んでみましょう。