サングラスの選び方

自分の顔の形から選ぶ

顔の形によって、似合いやすいサングラスの形は異なります。まずは自分の顔の形を確認してから選んでみてくださいね。たとえば、丸顔の場合は顔の印象が柔らかいので、シャープな形が似合います。具体的には、スクエアやブローなどがぴったりです。輪郭がシャープな三角顔は、その輪郭を強調する形がおすすめです。ボストンやスクエア、ブローなどが似合いやすいでしょう。

ほっそりとした印象の面長顔の場合は、フレームの幅が広い形がおすすめ。具体的には、ウェリントンやティアドロップ、ボストンなどが適しています。四角顔の場合は、直線的な輪郭の印象をやわらげる形が似合いやすいですよ。ボストンやオーバル、ラウンドなどの、丸みを帯びた形を選んでみてください。

レンズのカラーや種類で選ぶ

サングラスのレンズにはたくさんの種類があります。たとえばUVカットレンズは、その名の通り紫外線をカットしてくれるレンズ。紫外線対策のために、UVカットレンズを使用したサングラスを身に付ける人は多いでしょう。しかし、性能はさまざまです。どの程度の紫外線をカットするのかをチェックしてから購入してくださいね。

また、調光レンズというレンズもあります。調光レンズとは、紫外線などに反応してレンズカラーの濃さが変わるもの。屋内では薄く、屋外では濃くなるものが一般的です。他には、ミラーレンズという選択肢もありますよ。ミラーレンズは、外側から見ると鏡のようになっているものです。太陽光をしっかり反射してくれますし、ファッション性が高くお洒落だという側面もあります。