近視の人向けのメガネ

近視の人におすすめのフレーム

せっかく好きなフレームを選んだのに出来上がった時にフレームよりレンズが飛び出ていたり、目が小さく見えたりすると、がっかりしてしまいます。遠くが見えにくい近視は、光を拡散させる凹レンズを視力矯正をする時に使用しますが、近視が強いほどレンズの厚みが大きくなるためメガネを選ぶ時にはフレーム選びが重要になるのです。大きなレンズのフレームは目が小さく見えたり、輪郭が歪んで見えたりするため、見た目の印象に影響してしまいます。メガネをかけていない時と印象を変えたくない時には、小さめのレンズを使用するタイプのフレームがおすすめです。また、フレームの縁が大きく色味があるタイプを選ぶと、目の大きさが目立たなくなり近視が強い人も掛けやすくなります。

近視用のレンズの選び方

強度近視の場合など、レンズの度数が強くなると厚みが大きくなってしまいますが、最近ではいろいろな機能性があるレンズが販売されています。球面レンズは周辺部が歪んでしまうため近視の人は片面非球面タイプのレンズを、強度近視の人は両面が非球面になっているレンズがおすすめです。レンズの厚みが薄くなる非球面レンズは、フレームからレンズがはみ出る・顔の輪郭の歪みが気になる時にも他のレンズより補正することができます。 その他、文字や景色がはっきり見えるような反射防止加工や、紫外線やブルーライトをカットするコーティングが施されたレンズを使用するとより視覚性もよくなります。軽いプラスチックレンズは度数が強い人におすすめですが、傷がつきやすいので、あらかじめ傷がつきにくいように加工されたレンズを選びましょう。