遠視の人向けのメガネ

レンズ選びがやっぱりポイント

眼鏡を作る時やはり悩むのがレンズだと思います。昔のイメージでは、視力が悪ければ悪いほど牛乳瓶の底の様なレンズを思い浮かべますが、今はいろんな種類のレンズがあります。レンズは大きく分けて単焦点(遠視・近視・乱視)と累進(遠近両用)の2種類がありその中でも球面設計・非球面設計・両面非球面設計の3タイプがあり両面非球面になればなるほど、レンズが薄く歪みも少なくなりクリアで快適な視界になります。又最近では色々なシーンに合わせたレンズ加工も出来るので、仕事やプライベートの使用環境に合わせたオリジナルな眼鏡を作ることが出来ます。 毎日使う眼鏡は顔の一部でもあり大切なパートナーです。視界良好で快適な眼鏡にしてください。

眼鏡は顔の一部だから自分に合ったものを

遠視の人でも眼鏡の常用を推奨されます。それは裸眼で遠方を見る時、目はピントを合わせようと調節する為眼精疲労を起こしやすくなるといわれています。毎日使用するものだからフレーム選びは機能性とファッション性はもちろん、ストレスを感じない物を選びたいですよね。まず眼鏡選びのポイントは装着した時のフィット感が大切です(顔幅と同じかやや小さめの物を選ぶと小顔効果があるそうです)。フレームの材質も樹脂やセルロイド・チタン・超弾性合金と様々な物があります。スポーツをする場合などは軽くて錆に強い物を選ぶことをお勧めします。 眼鏡一つで印象がガラッと変わります。シチュエーションに合わせたなりたい自分選びをしてはいかがでしょうか。

眼鏡」は、視力矯正などを目的に装着する器具です。重要な部品であるレンズには、プラスチックやガラスなどが用いられます。なかでもプラスチック製のものは軽くて割れにくいことから、現在主流になっています。